headerlogo
EN/JP
menubutton
コミュニティ
2018.12.2 | 田中佑美

始めに

先日、私自身が日々練習しているスタジオの4周年のプージャがありました。
実は私も自分の練習を始めてちょうど4年。
私のヨガプラクティスにおいて、コミュニティの存在は欠かせません。
私がクラスでシェアしているヨガは全て日々の練習がベースとなっています。
そしてこの日々の練習を支えてくれているものこそ、コミュニティです。
私の練習の始まりと、コミュニティの力を実感したことについて少し触れたいと思います。

 

あの一人の友達

最初は1人の友達が私を朝ヨガに引っ張ってくれました。彼女のことはなんとなく初めて会った時から気になっていて、六本木のビーガンバーガー屋さんに誘ってくれたことがきっかけだったと思う。早起きが苦手で、なかなか朝ヨガに行く習慣をつけらなかった私を動かしてくれた。
彼女とともに朝ヨガを練習してから出社して、仕事後はお気に入りのタイ料理屋さんで再合流。休日も一緒にヨガを練習してスムージーを飲みに・・を、たくさん繰り返していた。その繰り返しだったけど、すごくいい時期だったなって改めて思う。

 

ルーティーンからその先へ

個々の練習が継続していくに連れて、コミュニティ力の強さも高まっていく過程も実感した。正しい教えをシェアしてくださる先生のもとで、いつも同じ時間、同じ場所、同じ人の朝の空間はとても平和で、より練習に集中できる環境になっていった。
この頃はみんなに見守られながらインバージョンの練習で毎日転んでいたり、ほんと私の(今のところの)ヨガ人生の青い青い青春時代(笑)

 

海外でのプラクティスに参加するといつも、まるで親元を離れて外の世界に飛び出した子供のように、自分の先生とコミュニティへの感謝でいっぱいになる。ニューヨークでもシンガポールでも、インドでも。それは一人ではここまで来られなかったから。今日この日まで練習を続けられたのも、練習する場所があり、先生がいて、支え高めてくれる仲間がいたからだと練習しながら深く心に広がっていく。

 

Nami Yoga Studioと今

Nami yoga studioのコミュニティに参加してもうすぐ2年。ここでのコミュニティもすごく好き。
先日、いつもクラスに来てくださる方と少しお話をする機会があった。
1年半くらいクラスに通ってくださって、場の雰囲気や人がいいからという話を聞けて、嬉しかった。
「先週、また8:30にお会いしましょうって言っちゃって。」と生徒さん同士でくる約束のをしていた話も聞いて、キュンとした。

 

スタジオの空間を含めて、ヨガを感じていてくれることに幸福感を感じるし、多くの方が仕事や家族のために働きながらも、コンスタントに練習に来てくれる姿勢から、いつもいいエネルギーをいただいている。

 

私の役割は、皆さんがヨガといい関係性を作っていくお手伝いをしていくことと思っています。
チャイを飲みながら、スタジオで皆さんといろんなお話ができたら嬉しいです。

14歳よりジャズダンス、ヒップホップダンスを始める。大学入学を機に上京。営業職として働く20代半ば、年齢を重ねることによる身体と生活の変化を感じ、生活の基盤を見直したいと思っていた時、yogaと出会う。継続的な練習を通して、マットの上だけでなく、生活に規律をもつことや、生活・思考の習慣を自ら選択・実践していくことの大切さを学ぶ。2016年4月全米ヨガアライアンスの養成プログラムを修了。多くの人とyogaの恩恵をシェアするべく、練習のサポートをしたいと想いインストラクターとして活動を開始する。
SHOW MORE
Four-Day Cleanse
2018.7.15 | 田中佑美

ジュースクレンズ

先日初めて、4日間のジュースクレンズを実践しました。
このジュースクレンズの目的はいわゆるダイエットではなく、胃腸を休ませるというものです。
試したのは、普段から大ファンのジュースバーTrueberryのコールドプレストジュースです。

 

食事の代わりに1日5本のコールドプレストジュースを飲みます。(水、白湯、ハーブティはいつ飲んでもOk。)
全日を通して、眠気がすごかったです。人によっては頭痛があるそうですが、私の場合はとにかく眠気。
ただ身体は軽く、ヨガの練習のいつもと同じように行うことができました。
立ちくらみやめまいもありませんでした。

 

家族がいらっしゃる方は状況が異なりますが、クレンズ中は何を食べるか考える必要もなく、買い物、作る時間、食べる時間、片付けの時間も無くなり、とても時間があるように感じます。普段1日の多くの時間を食事について考え、行動することに当てているようです。

 

5日目の夜から回復食を始めました
大切なポイントは回復食も断食と同じ日数をかけて徐々に食べるようにすることです。
重湯、おかゆ、具なし味噌汁など、ゆーっくり食生活を戻していきます。私はこの期間が一番辛かったです。
そして回復食もほぼ終わり、段々と普段の食事に戻っていく時、口にする物をとても繊細に選んでいました。
身体に取り入れるものに敏感になります。

 

今後もクレンズをする時に気をつけたいこと!

1. クレンズ期間だけではなく、前後も含めたスケジュールを
上でお伝えした通り、回復食の期間も考慮して断食日をスケジュールしましょう。
開始前もなるべく食べる量を減らしていきます。わたしは外食控え、家での菜食を実践しました。

 

2. オプションをつくる
今回は初めての体験で不安も大きかったので、初日にアーモンドミルクを1本入れてみました。
アーモンドミルクは満腹感を得やすいので、初日に入れると始めやすいと思います。

 

3. 1日のスケジュールは余裕を持って
休暇中でなくても断食の実践は可能と思いますが、私は断食中、日中の動きがとてもゆっくりになりました。
例えば、いつも駅などでエスカレーターにじーっと乗ったり、歩くスピードもゆっくり。
移動や約束などは余裕を持ってスケジューリングをした方が良さそうです。

 

上記は全て私の個人的な体験談として読んでいただければ幸いです。

 

私たちの身体は食べる物でできています。
「舌のためだけではなく、身体のための食事をしましょう」
何が自分をつくるのか、身体のエネルギーの源を何から得るのか、食事の時間をどのように過ごすのか。
着る洋服や思考を選択するのと同じように、これも私たちの選択によるものです。
皆様も素晴らしい食生活を!

14歳よりジャズダンス、ヒップホップダンスを始める。大学入学を機に上京。営業職として働く20代半ば、年齢を重ねることによる身体と生活の変化を感じ、生活の基盤を見直したいと思っていた時、yogaと出会う。継続的な練習を通して、マットの上だけでなく、生活に規律をもつことや、生活・思考の習慣を自ら選択・実践していくことの大切さを学ぶ。2016年4月全米ヨガアライアンスの養成プログラムを修了。多くの人とyogaの恩恵をシェアするべく、練習のサポートをしたいと想いインストラクターとして活動を開始する。
SHOW MORE
あなたの意図は?
2018.5.7 | 田中佑美

今日はヨガの練習中の集中力や、練習へのモチベーションを維持するために私が心がけていることについてお話ししたいと想います。

練習中 ついさっきまでのことや、これからのことを考えてしまうことは誰でもあると想います。
「今日クラスの後何をしようかな」、「あそこのカフェに行って本でも読もう」、「夕食の買い出しをしよう」、「あ、冷蔵庫に何が入ってたっけ」などなど。日々の生活のアイディアはぽんぽん浮かんで来ます。

 

でもせっかくの時間をヨガの練習に費やす選択をしたのなら、最大限な使い方も選択しよう!

私は基本的に以下の3つを心がけています。

 

1. 目的を明確にする
クラスに来た目的をリマインドし続けます。アーサナは体の練習のためにあります。別の考えが浮かんでみても、今は練習をしに来たと思い直すようにしています。単純ですがそれを繰り返します。

 

2. 呼吸をカウントする
呼吸を自分のペースでカウントすることもマインドが静かになりやすいです。吸う息、吐く息を「1.2.3.4…」とカウントしていきます。

 

3. 不必要なものを視界に持ち込まない
見ようと思って見なくても、視界に対象物が入ってくると、それについて考えてしまうことはよくあります。例えば私の場合は時計をしている時、時間を気にする必要はないのに、時計を見た瞬間、時間の進みが気になったりします。練習に必要なものはシンプルです。身につけるものを必要最小限にしてみましょう。持ち物を手放していくと、不必要な考えも離れていきます。

 

「正しい位置に目標を設定することはとても大切です。」

これはヨガのteacher trainingを受けた時、教本の最初に書かれていました。
練習の段階や経験は人によって異なるので、自分のための目標設定が必要です。
長期的な目標と、それ向けた短期的な目標。そしてそれを継続するモチベーションは何でしょうか。

先日lululemonでゴール設定のワークをする機会があったので、少し紹介したいと想います。
そこでは以下の7ステップをサイクルのように継続するというものでした。

 

The Goal Cycle
1. 自分の価値観を見つける
2. 自分にとって最高の人生をイメージ化する
3. プライオリティーを決める
4. ゴールを決める
5. 始める
6. 続ける
7. 成り行きにこだわらない

 

上記はあくまで一例ですが、是非練習のモチベーション継続に役立てばと想います。
各ステップの細かいワークについてはここで省略しますが、ご興味のある方はユミまで。

 

平和で有意義なon the matの時間が平和で幸せなoff the matの時間へとつながりますように。
またクラスでお会いできるのを楽しみにしています。
何か気になることや、クラスへのリクエスト・質問などありましたら、いつでもシェアしてくださいね!

14歳よりジャズダンス、ヒップホップダンスを始める。大学入学を機に上京。営業職として働く20代半ば、年齢を重ねることによる身体と生活の変化を感じ、生活の基盤を見直したいと思っていた時、yogaと出会う。継続的な練習を通して、マットの上だけでなく、生活に規律をもつことや、生活・思考の習慣を自ら選択・実践していくことの大切さを学ぶ。2016年4月全米ヨガアライアンスの養成プログラムを修了。多くの人とyogaの恩恵をシェアするべく、練習のサポートをしたいと想いインストラクターとして活動を開始する。
SHOW MORE
Categories
・Cleansing・Inspiration・Jivamukti Yoga・Maternity Yoga・Philosophy・Recipe・Training / Traveling
Tags
amaaroma therapyashtangachaichantingchest openercleansingcommunitydetoxeight limbsenergyessential oilfive sensesfocus of the monthFOTMgoalsgratitudeindiajivamuktijuice cleansekriyamaternity yogamorning yoganiyamanutrientsOmpostnatal yogapregnancyrainy seasonrecipereflectionrestorative yogaRishikeshSantoshasmoothiespicespiritualstressteaching in japantongue cleansingtravelYoga Festivalyoga in japanアーマアロマインドエッセンシャルオイルクリヤゴールコミュニティサント―シャジヴァムクティヨガジュースクレンズストレススパイススムージーチャイチャンティングデトックスニヤマヨガフェスタリシケシュリストラティブヨガレシピ五感八支則感謝朝ヨガ東京ヨガ栄養梅雨浄化法目標舌磨き